お電話・メールでのご予約も承ります。TEL:0465-62-0094 MAIL:info@okusu-vr.jp

Investment for owners
オーナー様へ

バケーションレンタルズ
(バケレン)事業の可能性

宿泊者数は減少傾向にあるものの、大都市から気軽に行けるリゾート地という恵まれたロケーションの恩恵を受け、年間、数百万人もの宿泊者様が訪れる伊豆・箱根エリア。

その反面、長期間にわたる不景気の影響からか、旅館や保養所を始めとする様々な宿泊施設が閉鎖され、宿泊者様の選択肢は限られたものになっています。

また、営業を続けている既存の施設も、大きな設備投資ができず、施設のクオリティを維持することは困難な状況にあり、宿のクオリティも満足いくものではありません。

そこで、我々は、バケレンという、海外では当たり前に存在する宿泊施設に「おもてなし」の誠心を組み込んだ、質の高い日本版バケレンを提案することで、多くの宿泊ニーズに対応し、宿泊者様にご満足をいただける施設を運営することで、これからの宿泊施設の当たり前の選択肢のひとつになると確信しています。

数百万人の内の0.00数パーセント(1万人の内の数人)の宿泊者様が一軒のユニットをご利用いただくことで十分な利回りが得られる、それがバケレン事業です。

一軒でも立派な宿の
オーナー

バケレンの利用スタイルは1軒1グループ。宿泊施設としての規模は小さなものですが、お客様にご宿泊していただく以上、規模の大小は関係なく立派な宿です。自分の所有する宿がお客様に喜ばれ評価される。とても誇らしく、やりがいのある素敵な事業だと考えます。

宿泊者様の満足が喜び

当社では「オーナー様が使わないときにだけ家を貸す」という、おまけ的な考えはありません。どうせやるなら、大真面目に非日常空間を演出して、宿泊者様に大喜びで帰って頂きたいと考えています。

夢広がるユニット造り

バケレンのユニットはオーナー様の表現の場所になると考えます。「こんな宿があったらいいな」を、実際に造るのも醍醐味のひとつだと考えます。建築やガーデンデザインを初め、什器備品、アメニティの選択まで当社でアシストいたします。オーナー様と「ワクワクする感覚」を共有できればと思っております。

バケレン事業への思い

  • 生まれも育ちも熱海です

    バケレン事業を運営する当社の代表は、熱海生まれの熱海育ち。浴衣姿で町を闊歩するたくさんの観光客が熱海の街にあふれていた時代に幼少期を過ごしました。

    そんな街を眺め、子供なりに観光客が特別で幸せな時間を過ごしていることを感じ取りました。それはとても心地よい情景だったようです。

    そんな楽しげな空気が漂う街を復活すべく、バケレン事業を始めました。

    食事のサービスが無いバケレンでは、宿泊者様が必然的に街に出られると考えます。地元の食材を買い求めることも、街の料理店で食事をすることも、とにかく街に出る必要性が生まれます。お客様が街に出ればお店に人が来る、お店に人が来ればお店を開ける、そして街が賑わい始めるとまた新たなお店が出来る、お店が出来ればまた人が来る、そうして人や店がたくさん集まる街になる。

    そんな相乗効果を期待してこの事業を行っています。

    そのために、バケレン宿泊者様には、美味しいものや、おすすめのものや、色々な遊び方の情報を細かく丁寧にお伝えすることが大切だと考えています。

  • 不動産業を通して思うこと

    「金を生まない不動産は負債である」

    ある投資家が著書で語っていたことが衝撃的でした。確かに不動産は所有しているだけで固定資産税、建物の維持管理など多額のランニングコストがかかります。特に利用頻度が低い別荘やセカンドハウスは、その負債が大きいのかもしれません。また、年に数回しか利用しないなんてことが珍しくない別荘は、人が入らないことで、老朽化のスピードが速く、建物の価値を急速に下げていくのも事実です。

    当社では別荘を主に取り扱わせていただいている不動産業務の中で価値を下げていく物件を多く目にしてきました。そこで、その物件たちをなんとか活用したいという思いで、この事業を始めました。

    本当に資産と呼べる、生きた不動産(別荘)を造って参りたいと考えます。

詳細

投資内容、利回り、オペレーション、具体的数値などは弊社まで直接お問い合わせください。

リゾート生活のプロフェッショナルであること OOKUSU LIFE ASSIST

おすすめヴィラ

THE SALON ATAMI
×
静岡県熱海市曽我浦 The Sea Ranch
路地 楓
×
熱海市西山町
Villa J’M.
×
湯河原町宮上
Space Leaf ATAMI
×
熱海市泉

最新記事

「ヴィラ熱海林ヶ丘をご愛顧くださった皆様へ」
最近、美しい夜明けを感じましたか
「春のスパークル 熱海の花火」
「新年のごあいさつ」
topへ戻る