お電話・メールでのご予約も承ります。TEL:0465-62-0094 MAIL:info@okusu-vr.jp

Hot topics
ホットトピック

日差しいっぱい吉浜の和田稔ファーム

2014年01月27日

吉浜で偶然お会いした近所の農家(和田稔農園)の奥さんに声をかけられました。
和田さんは
「オオクスさん、いいのがあるから、ちょっと寄ってきな!」
畑に向かう奥さんに先導され、良く育った野菜たちを踏まないように注意しながらいくと、
おもむろに腰に刺さった包丁を取り出し、品定めを少しして巨大な白菜の根元をバサリ。
「これは美味しいよ」
和田さんは、まわりの土を払いながら「持ってきな」とみずみずしい白菜を私たちに手渡し、すぐに畑を進んでいきます。
ハウスの中を抜け、
またまた、おもむろに野菜の根元をバサリ。この野菜はなんですかと聞くと「生野菜、生野菜」という答え。???
おそらくリーフレタスだと思いますが、
これもまた弊社スタッフに手渡し、次の目的に向かって行ってしまいました。 手渡された野菜を持ち替えて後を追いかけると、
ブロッコリーゾーンで品定め中の和田さん。
どれも食べごろに見えますが、和田さんはまだまだ品定め中。
突然、ブロッコリーの葉の中に体を乗り出しバサリ。
大きなブロッコリーを切り取りました。
プリプリ、パンパンのブロッコリーです。
私たちは思わぬお土産をいただいてご満悦でございます。写真では軽く持っているように見えますが、実はかなり重い。 弊社女性スタッフの右手は白菜の重みでプルプル&ジャケットは土だらけの状況です。
和田さんのお話ではこの野菜たちはすべて「無農薬」。この野菜を求めて地元のイタリアンレストランや、遠くは東京からシェフが仕入れに来るとか。
海を見渡す陽当たりの良い吉浜の丘で、和田さんのスペシャル野菜が育っています。
オフィスに持ち帰り、水洗いの前に野菜たちの美しさを撮影。
ずしりと重いみずみずしいハクサイ。
生野菜?と言われるリーフレタス.。試食するとそのシャキシャキ感に驚きです。
新鮮スペシャルお野菜、和田さんありがとう!

「和田稔農園」について
私たちがいただいたように和田さんの畑に行けばその場で収穫して野菜を販売していただけます!あちこちの畑を移動しているのでいつも同じ場所にはいませんが仲良くなれば電話番号の交換も可能です。
貸別荘へ行く前に、吉浜の日差しをたっぷり浴びてのびのびと育った和田さんのスペシャルお野菜たちを仕入れてみてはいかがでしょうか。和田さんの野菜を食べたい方はメールにてお問合せ下さい!
topへ戻る